松江太陽光発電所の紹介


現在の日射強度

0.01
kW/m2

現在の気温

12.8

現在の発電電力

0
kW

2017年10月17日 06時40分 現在

本日の発電電力量

0
kWh

1年間の発電状況

発電電力量

1,946,444
kWh

松江太陽光発電所の概要


所在地 島根県松江市竹矢町1444番地
敷地面積 30,500平方メートル
システム出力 1,905KW
年間発電量 198万KWh/年(一般家庭用560世帯分の年間電気使用料に該当)
環境貢献換算 CO2換算 622,538 kg/年
森林面積換算 170.0 ha/年
原油節約換算 449,336 ℓ/年
発電開始時期 平成25年9月
太陽光パネル
(太陽電池モジュール)
シャープ多結晶シリコン太陽電池ND-193CA
太陽光パネルの枚数 9,900枚


地域貢献への取組み

松江太陽光発電所では、太陽光発電の普及啓発の為、施設を展望できる見学台を設置しており、説明表示盤等により発電状況び発電所の概要を開示しております。また、本社及びホームページにおいても発電情報等をお知らせしております。

説明表示板

説明表示板

地球にやさしい太陽光発電所

無限な太陽の光を利用し、光エネルギーを直接電気エネルギーに変換して発電する太陽光発電は、石油燃料を必要としないので、公害物質や二酸化炭素の排出のないクリーンで地球環境にやさしいシステムです。

電気の流れ

発電のしくみ

太陽電池は、性質の違う2つの半導体を重ね合わせたものです。これに太陽の光が当たると、半導体の一方に(+)の電気、もう一方に(ー)の電気が集まり、そこに電球やモーターなどをつなぐと直流の電気が流れます。

電気の流れ

太陽光発電メガソーラーQ&A

メガソーラーって何?

出力1メガワット(1000キロワット)以上の大規模な太陽光発電のことをいいます。太陽光発電は、天候や時間帯によって発電量が左右される等課題もありますが、様々なメリットがあり再生可能エネルギーの代表とも言えます。

島根は他県に比べて日照時間が短いのでは?

松江地方気象台の資料によると、冬期の12月から2月までは曇りの日が多いため日照率は30%前後と低めですが、それ以外の月は平均47.3%で、東京とほぼ同程度となっています。

再生可能エネルギーとは?

枯渇の心配のある石油などに対し、太陽光・太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱など、自然の力でつねにに補充されるエネルギー資源のことで、自然エネルギー、新エネルギーと同義語としても使われます。

日本のエネルギー自給率はどのくらい?

原子力を除いた場合、現在日本のエネルギー自給率は、わずか4%(エネルギー白書2010による)。残りの96%を、海外からの輸入に頼っているのが実情です。自然から電気をつくるのにコストがかかることがその原因のひとつですが、平成24年7月より「固定価格買取制度」がはじまったことにより、太陽光発電の普及が進み今後日本のエネルギー自給率がアップすることに期待が寄せられています。

出典:経済産業省資源エネルギー庁、知恵蔵2013、松江地方気象台資料